concert-1149979_640

この記事では、『まとめサイト運営で稼ぐためのジャンル選定』について説明します。


まとめサイト運営で稼ぐためには、ジャンルの選定が凄く重要です。

人によって、どのジャンルをやるべきか違ってくるので、それも含め説明していきます。




1.まとめサイトは“3タイプ”ある


私は、まとめサイトは“3タイプ”あると思っています。

総合型のまとめサイト特化型のまとめサイト専門型のまとめサイトの3タイプです。


総合型のまとめサイト
ニュース、芸能、スポーツ、政治などジャンルを問わず何でもまとめるサイト。

特化型のまとめサイト
何らかのジャンルに特化しているサイト。
例えば、芸能特化や野球特化、サッカー特化など。

専門型のまとめサイト
特化型のまとめサイトと区別が難しいが、より細分化されたジャンルを扱うサイトのこと。
例えば、プロ野球の巨人専門のまとめサイト。Jリーグの浦和レッズ専門のまとめサイト。パワプロアプリのまとめサイト。アイドルグループのAKB48のまとめサイトなど。


※ポイント※

アクセス規模は、総合型>特化型>専門型です。

固定客のつきやすさは、専門型>特化型>総合型です。

参入のしやすさも、専門型>特化型>総合型です。



2.総合型のまとめサイトに手を出してはいけない


まとめサイト運営で稼ぎたいと思っている方は、絶対に総合型のまとめサイトに手を出してはダメです。


なぜなら、すでに多くの古参大手まとめサイトが存在するからです。

『ハムスター速報』や『痛いニュース』など、普段まとめサイトをあまり見ない人でも知っているような超有名まとめブログも総合型のまとめサイトです。


ハムスター速報や痛いニュースは運営歴が10年を超えており、莫大な数の固定客(常連読者)が付いています。

アンテナサイトからのアクセスが無くなったとしても、余裕でやっていけるという異次元レベルのまとめサイトです。


そんな莫大な数の固定客を持つ大手まとめサイトがゴロゴロいる世界に、今から飛び込んで稼げると思いますか?

多くのアクセス数を得られると思いますか?

大手まとめサイトの固定客が、わざわざ新規のまとめサイトに移動してくれると思いますか?

まず無理です。必死に作業しても見向きもされません。時間と労力を必死に使っても何も得られません。


また、総合型のまとめサイトを登録してくれるアンテナサイトは登録の敷居が高く、現在は登録を受け付けていないアンテナサイトもあります。

なので、初期段階のアクセスを得るのが極めて難しいんです。


このように、間違ったところでいくら頑張っても結果は出ず、絶望するだけです。



3.特化型、または専門型を選ぼう


まとめサイト運営で稼ぎたい方は必ず特化型のまとめサイト、または専門型のまとめサイトを選びましょう。

特に専門型のまとめサイトはまだまだ参入の余地があります。


もちろん専門型まとめサイトにも、すでに飽和状態で新規参入が難しいジャンルもあります。

例えば、メジャーアイドルグループのAKB48や乃木坂46などは数多のまとめサイトが存在していて、非常に参入が厳しい状態です。


日向坂46が誕生した際には、瞬く間に数多くのまとめサイトが立ち上がりました。

このように、まとめサイトで稼ぎたいと思っている方は常に目を光らせています。


専門型まとめサイトはアイデア次第でいくらでも参入できます。

例えば、リリースが予定されているゲームアプリのまとめサイト、冬に発売が予定されているPS5のまとめサイト、DIYのまとめサイト、職業のまとめサイトなど、、、案はいくらでもあります。



4.興味関心のあるジャンルを選ぶべき


まとめサイトのジャンルを選定する時に1番重要なのが「興味関心のあるジャンルを選ぶ」ということです。


まとめサイトを運営する理由は、ほとんどの方がお金が欲しいからだと思います。

「お金になるならどんなジャンルでもいいじゃん」と思う方もいるでしょう。

それはその通りなんですが、お金になりそうだからといって全く興味関心の無いジャンルを選んでしまうと、作業が圧倒的にしんどくなります。

次第にモチベーションを保てなくなり、投げ出してしまいます。私もこれで何回か失敗しています。


かといって、好きだからという理由だけでジャンルを選ぶのもよくないです。

例えば、雑草が大好きな人がいるとします。

その人が「自分は雑草がとても好きだから、雑草のまとめブログを作ろう!」と考えたとします。

稼げるようになれると思いますか?笑

無理ですよね。

いくら好きだったり興味があっても、ある程度需要があってアクセス数を得られそうなジャンルじゃないと稼げるようにはなれないです。


つまり、ジャンル選択で大事なポイントは「好きだったり興味があるジャンルで、かつ、それが需要があってアクセス数を得られそうなジャンルか?」ということです。

これを基準にしてジャンル選択をしてくださいね。



5.まとめ

とにかく、自分で「このジャンルいいな」と思ったら、手を動かしてやってみる事が大切です。

もちろん、頭で考えたりイメージするのも大切ですが、それだけでは限界があります。


実際に手を動かしてやってみると「これはこのままいい感じにいけそうだな」とか「これはもうこれ以上続けても芽が出なさそうだな」ということが分かります。

そうするうちに色んなことが理解できて、あらゆる作業が効率化されます。そうなると、稼げるまとめサイトを作りやすい状態になります。


考えながら、試行錯誤する」に勝るものはありません。

まとめサイト運営をしたい方は、ぜひ自分に合ったジャンルを見つけて運営してください。